リフォームトラブルを避ける

リフォーム中にトラブルが起きると工期が遅れたり、工事後にも問題が発覚するなど、「こんなはずではなかった」ということにもなりかねません。そのようなことにならないように、リフォームを行う際にはしっかりと段取りを組み、些細なトラブルでも未然に防ぐようにしたいもの。

もちろんトラブルの原因には施工業者によるものもありますが、それだけでなく、施主の側にも理解不足や知識不足などによる原因も見られます。しかしたいていは施主側も素人なのですから、事前に業者との話をしっかりと行うことで避けられるトラブルも少なくありません。そのため、リフォームを行う場合はどんな段階でも疑問や気になる点があればすぐに業者に質問するなど、深刻な問題に発展させないようにすることが肝心です。

 

もちろん最近では悪質業者もはびこっており、高齢者だけの家庭を中心に被害も増大しています。そのようなケースには訪問販売業者多いため、飛び込みの営業では工事を即決したりしないことが基本。もちろん訪問販売のすべてが悪徳業者であるというわけではありませんが、いずれにしても契約する際には時間をかけてじっくり検討すること。家族でよく相談しましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。