マンションでリフォームを行う

集合住宅に住んでいる場合には、時々、管理側から決まった工務店を利用するようにいわれることがあるのですが、この場合、基本的には自分の好きな業者に発注していいことになっていることがほとんどですので、特別な理由がない限りは従わなくてもいいとされています。また大規模なリフォームについては届け出を必要とすることもありますが、そうでなければ修理の届出は義務づけられていないことがほとんどです。そして届け出の内容はあくまでもどんな工事をするかということであって、どの業者を使うかということまで指定されることはないのが普通です。ただし、これはあくまで内装リフォームに限ります。
直す部分がバルコニーや廊下など、共用部分にあたる場合には管理会社の指定する業者を使うようにという規約のところもあります。もちろん共用部分は勝手にひとつの世帯が工事を決めることはできませんので、管理組合に相談する必要があります。いずれにしても、悩んだ時は管理組合に相談&話し合うようにしましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。