良い住まいにする

住み心地のいい住宅というのは、いくつか条件があります。まず生活導線に合わせた間取りになっていること。家族全員の生活スタイルに合わせ、誰にとっても使い勝手のいい導線に整えられるよう最大限の工夫がされていると、みんなが快適だと思える家に近づけることができます。内装リフォームでうまく導線を作るには、場合によっては大規模な工事になってしまうかもしれませんが、そうでないこともあるので一度は検討してみるといいでしょう。

また居心地のいい空間は、窓の有無だけでなくその位置や大きさによっても変わります。これは部屋の中にいる時の空間づくりの観点からのみならず、家の前の道路に立ってみてどう見えるかなども気にしてみましょう。たとえば外から丸見えの部屋は気になって落ち着かないですよね。道を行くひとから自分の部屋がどう見えるか、隣家からはどう見えるかというのは見落としがちですが、忘れてはならないでしょう。窓の問題は、もし外壁のリフォームをすることがあれば是非一緒に考えたい部分でもあります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。