外壁材のメンテナンスとコスト

PR| 自然素材でリフォームなら

外壁材のメンテナンスは屋根材と同じく防水性の維持と、変色、退色に対する美装の2面で行われます。タイルと天然石材以外の外壁材は、表面に塗装もしくは塗膜材が施されています。それらの耐用年数がメンテナンス時期となりますので、何が使用されているか把握しておくことが重要です。

●サイディング(乾式工法)
①窯業系・金属系の場合
コスト・・・・・・3.500~10.000円/m2(材)・5.000~20.000円/m2(材)
メンテナンス・・・塗装や塗膜材の種類によって塗り替えの時期が変わってきます。耐久性の高い順に、フッ素樹脂系(15~20年)、シリコン樹脂系(12~13年)ポリウレタン樹脂系(8~15年)、アクリル樹脂系(6~10年)とります。他にコーキング材や劣化状況を定期的に確認してひびや割れがあれば補修して下さい。

②セラミック系の場合
コスト・・・・・・12.000~18.000円・/m2(材)
メンテナンス・・・タイルや石材自体にはメンテナンスフリーです。パネルのジョイント部分に施されたコーキング材の劣化状況を定期的に確認し、ひびや割れがあれば補修をして下さい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。