アフターサービスの確認

どの会社にリフォームを発注するかおおむね決めたら、最終的な決定の前に、必ずアフターケアに関する確認をしておく必要があります。これを怠ると、仮に住み始めてどこか住宅に不具合が生じた際、どこまで無料で修繕してもらえるのかという点で業者といさかいが生じてしまう可能性も。
アフターケアの範囲をきちんと把握しておくには、「工事後に何かトラブルが発生した場合、どんな場合にどこまで無料で補修をしてもらえるのですか?」という質問をしておくといいでしょう。アフターケアやサービスの内容は業者ごとに違ってきますので、事前に細かな部分まで確認しておくと安心につながります。
個の際には、何かあったときの窓口が誰になるのか、定期点検などはしてもらえるのかを、有料か無料かも含めきちんと聞いておくことが肝心。そして不具合が生じた時には、「建設後いつまでなら無料で補修してくれるのか」「どんなトラブルまで無料で、どこからが有料になるのか」を中心に、その内容を書面でもらっておきましょう。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。