リフォームの流れをしろう

よさそうな業者の数を2~3社程度に限定したら、実際に現場調査をしてもらって、より正確な見積もりを出してもらい必要があります。その際にはリフォームの希望箇所に予想外の工事が発生しないかどうか、築年数が経っていれば老朽化や腐食などがないかどうかも見てもらい、合わせて補強や修繕工事が必要かどうかも確認してもらいましょう。

その後、最終的なリフォームプランと見積もりを出してもらい、最終的な1社に決めます。

業者を比較する際には単に金額の高低だけでなく、提出されたリフォームプランに自分たちの希望がきちんと反映されているかどうかを見ます。さらには、素人ではなかなか思いつかないプロならではのプラスαの提案が盛り込まれているかどうかをチェック。

見積書に「一式」と書かれて工事ごとに全体の費用しか出してこない業者はおすすめできません。使われる建材にいくらかかるのか、設備や機器にどのくらいかかるのか、工賃(人件費)がいくらかかるのか、それぞれきちんと内訳が分かるようになっている業者が◎。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。